カラダの内側をキレイに保つ事が一番なんじゃないかなと感じている

皮膚というのは外側から刺激を受けてしまうので、スキンケア商品で表側からお肌を潤す事も大事ですが、カラダの内側をキレイに保つ事が一番なんじゃないかなと考えています。

自分自身は便通が悪くなると2、3日後にお肌が荒れてしまうのです。
年齢を重ねると治るのに時間がかかるためそうなるのは嫌なので肌荒れしないように気遣っています。

便秘をしないようプレーンヨーグルトにプルーンやきな粉などを入れて食べます。
食事面では食物繊維を多く摂るよう努めています。
ヒジキや納豆やゴボウなどです。

もし外での食事が続いてしまって野菜とか食物繊維を摂取出来ない時は野菜ジュースとヨーグルトジュースをハーフで割ったものを飲んでいます。
そうすることで便秘は解消されます。
腸内が元気だとからだ全体が元気になるので、自然に美肌になるのではないでしょうか。

学生時代は体や肌のメンテなんてしませんでしたが、年齢が上がるとそんな風にはできません。
毎日からだの為に良い物を摂取すれば自然とお肌につやが出ると思ったのです。

年末からの寒さが厳しくなった頃から、どうもドライスキンになってしまったようです。
最近までそのようなこと少しも考えたことがなくて、他人から見れば女子力を放棄していたわたくしもなんとかしなきゃと思う出来事がありました。

肌が乾燥したことによって、体じゅうに発疹が出てきてしまいました。
体のあちこちが絶えずかゆくて、夜も眠れないことがあったのです。
それでやっぱり必要なことは『保湿』ということになってきます。

それ以降、片っ端から友人に乾燥対策に関してどのようなことをしているのか尋ねて、風呂から出たら毎回保湿するためにスイートアーモンド油を塗布して、化粧水も今までは焼酎にドクダミの葉っぱを漬けて自作していたものでしたが、群言堂のMeDuというブランドの梅の花の酵母からつくっているという化粧水などに変えました。

しばらくそれを実践していると、日ごとに肌の潤いが感じられるようになってきました。
私の家のある地方はよく雨が降るので、それほど乾燥する地域ではないと甘く見ていたのですが、そんなことは関係なく、寒い季節になったらいつでも乾燥に注意して日々過ごすことが大切だと感じました。

「美容」ってことで、日ごろから高級な化粧品でケアしたりエステティックサロンに行ったりと「時間」とか「費用」を投じている女性って沢山いらっしゃいます。

ワタシも年齢とともに「美容」に関してあれこれ考えてはいるのですが、いかんせん横着ものなのでアレコレやるのは無理な気がするし、子育て中なので時間的余裕もない、それにもちろん美容にお金をつぎ込む暮らしもしていません。

というわけであたしが美容のために特に気を付けているのが睡眠です。
睡眠というのは、我々にとって本当に大事なものです。

世の中には、「夜型」で明け方近くまで就寝しないで遅く起床するひともいます。
でも「美容」を考えるならこれは大敵なんです。

美容的に大切な眠りの時間は美肌のゴールデンタイム内に寝ること。
「ゴールデンタイム」とは夜10時~深夜の2時までの時間帯で、ここを逃さないようにすると健康面に効くだけでなく肌荒れとかも改善されるって話ですよ。

という事で、完全なる朝方の私は、美容のために睡眠ゴールデンタイムには出来るだけ眠るように心掛けています。